犬のアレルギー用ドッグフード

アレルギーがあることがわかれば、そのアレルゲン物質を除去した食事を与えることになります。アレルゲン対策食品として、アレルギーの原因となりやすい牛肉や乳製品、大豆やトウモロコシ、鶏肉や鶏卵、添加物、といったものを除去した程アレルゲンドッグフードもありますし、原因となるものをあらかじめ除去して他のもので栄養を補ったものドッグフードもあります。

また、アレルギーを起こしにくい魚や米、豚、ジャガイモといったものを用いて作ったものもあります。アレルギーの症状に応じて、医師の指導を受けて適したドッグフードを選ぶことで症状の緩和ができます。

犬によってアレルギーの程度も異なるので少量なら食べられるということもあります。そのような場合には、アレルギー対策フードではなく、一般的なドッグフードで問題ないこともあります。ドッグフードには原材料の欄があり、そこに用いていている食材が使用量の多いものから並べて表記する決まりになっています。

そこで、アレルゲンの物質が主成分でなければ与えても問題ないこともあります。ただし、犬によって体の反応は異なりますから少しずつ与えて様子を見ることが重要です。体調によってもいつもは平気なものでもアレルギーが出ることがあります。そこで、日々の食事の様子は確認しておくことが重要です。

関連資料<アランズ ナチュラルドッグフード|安心・安全の100%無添加!評判のプレミアムドッグフード 通販>