犬のアレルギー用ドッグフード

アレルギーがあることがわかれば、そのアレルゲン物質を除去した食事を与えることになります。アレルゲン対策食品として、アレルギーの原因となりやすい牛肉や乳製品、大豆やトウモロコシ、鶏肉や鶏卵、添加物、といったものを除去した程アレルゲンドッグフードもありますし、原因となるものをあらかじめ除去して他のもので栄養を補ったものドッグフードもあります。

また、アレルギーを起こしにくい魚や米、豚、ジャガイモといったものを用いて作ったものもあります。アレルギーの症状に応じて、医師の指導を受けて適したドッグフードを選ぶことで症状の緩和ができます。

犬によってアレルギーの程度も異なるので少量なら食べられるということもあります。そのような場合には、アレルギー対策フードではなく、一般的なドッグフードで問題ないこともあります。ドッグフードには原材料の欄があり、そこに用いていている食材が使用量の多いものから並べて表記する決まりになっています。

そこで、アレルゲンの物質が主成分でなければ与えても問題ないこともあります。ただし、犬によって体の反応は異なりますから少しずつ与えて様子を見ることが重要です。体調によってもいつもは平気なものでもアレルギーが出ることがあります。そこで、日々の食事の様子は確認しておくことが重要です。

関連資料<アランズ ナチュラルドッグフード|安心・安全の100%無添加!評判のプレミアムドッグフード 通販>

犬とアレルギー

現在、犬の40パーセントが食物アレルギーを持っていたりその可能性があると言われています。アレルギーによって引き起こされる症状には、皮膚炎や鼻炎、目の炎症や目やに、といったものが特に多いのが皮膚の炎症とそれに伴う被毛のトラブルです。

最初にかゆみが出て、よくかきむしったり噛んだりしてかゆみを抑えようとします。これを繰り返すことで皮膚が赤くなったり出血したりするようになり、悪化することがあります。体を痒がったりフケが出始めたり、さらにひどくなっていくと抜け毛がひどくなり場合によっては炎症がひどいところは毛が抜けてしまいます。できればかゆみが強かったりフケが見られるようになったところで医師の診断を受けて炎症の原因がアレルギーなのか、そしてアレルギーならばその原因となる物質が何かを突き止めることが必要です。

アレルギー物質を特定するためには、動物病院でアレルゲン検査を受けます。ただ、アレルゲンの種類によっては自宅でも特定が可能です。アレルゲンと思われるものを除去した食事を数カ月にわたって与えることで症状が改善すればアレルギーの原因が突き止められます。

ただ、ドッグフードには多くの食品が用いられていますし、アレルゲンとなるものも多くあるのでこの方法では特定に時間がかかってしまうことも多くあります。そこで、病院で検査をする方が早く原因を特定でき愛犬にとっても健康的な食事を用意できるので、検査を受けることがお勧めです。

犬とドッグフード

犬の健康を守るためにはドッグフード選びは重要です。人間が体調を整えるのに日々の食事が大事なように、犬にとっても日々の食事が健康を維持するのに重要なのです。ただし、人間と犬にとって体に良い食事というのは内容が異なります。人間の場合には、栄養バランスが整った食事というのは、6大栄養素を中心にすべての食材をバランス良く食べることですし、肉より魚、野菜を多く摂取することが理想とされます。

しかし、イヌにとっては人間同様に6大栄養素を中心とした食事でありながらも、たんぱく質が全体の3分の1から半分ほどの食事であり、人間が必要とする炭水化物はほとんど必要がありません。このような食事の内容に違いがあるのは、犬がもともとは肉食動物であることです。胃腸の形が炭水化物や野菜を消化しにくく、食べすぎると胃腸へ負担が大きくかかってしまうのです。ですから、人間の食事をイメージして犬に食事を作るとかえって調子を崩す原因となることもあるのです。

また、人間と同じように犬にもアレルギーはあります。そして、そのアレルギーは種類も多いですし、人間よりも体が小さい分、症状が出ると悪化もしやすく注意がとても必要です。最近ではアレルギーを抑えるための除去食も多く出ているので、アレルギー症状があれば、アレルギー用のドッグフードを用意することになります。しかし、犬は話すことができませんから、犬のアレルギーは飼い主が日々の暮らしで発見しなければなりません。そこで、ここでは犬のアレルギーの種類とその症状の見分け方、アレルギー用のドッグフードはどのように購入して与えれば良いのかという犬のアレルギーの問題とドッグフードとの関わりについて紹介をしていきます。